お金を借りるときに準備しておく必要書類は?

お金を借りる前に提出する書類って何?

いざ今日・明日にでもお金を借りたい!といったときすぐに借りるにはどうしても必要な提出書類を事前に用意しておくことが重要です。

これは借りたい金額によって必要なものと必要ではないものがあるので、すぐ借りたい場合でも手元にあるものですぐに提出可能なシーンもあります。

しかし、その他の借りる条件などを踏まえるといざというときのために手元に準備しておくことで融資までのスピードがかなり早くなるので確認しておくべきです。

運転免許証や健康保険証など個人を証明できる書類は提出必須

銀行であれ消費者金融であれお金を借りるときあなたに貸して本当に大丈夫か審査が行われます。

審査を行う上で、記入した氏名などが正しいかは運転免許証などの個人情報で確認されます。これを無視して借りることはできません。

闇金ですら運転免許証などの個人情報の提出を求められることでしょう。

なお、運転免許証を持っていない方は健康保険証の提出が必要になります。どちらもコピーでOKです。

健康保険証が無いという方は基本的に居ないはずなので毎日携帯していざ借りたいというときに使えるようにしておきましょう。

提出方法としてはコピーしてプリントしたものを書類提出するか、PDFで提出、もしくは写真に撮ってその画像データを提出するという方法があります。

これは消費者金融、銀行各社で確認するようにしてください。たいていはその3パターンの方法になります。

外国籍の方はパスポートの提出が求められます。外国人の方でも借りられるので安心してください。

日本で定期的な収入があることが必要なので在籍確認は行われます。また、在留カードや特別永住者証明書も追加で提出が求められるのでこちらも準備しておく必要があります。

借入額次第では収入証明書の提出が必要

大手の消費者金融なら通常50万円以下であれば収入証明書の提出は必要ではありません。

50万円を超える場合は収入証明書の提出が必須となってきます。

その時点ですぐに借りたいという方の場合は手間がかかるので高額を即日キャッシングしたいという方はあまり現実ではいと思います。

銀行の場合はまちまちで100万円までは収入証明書が不要、200万円まで不要と金額によって分かれています。

銀行のほうが審査が厳しい分、収入証明書はその段階では求められないというのが理由と思います。

正直、銀行カードローンの申込をしてから審査に通って借り入れ可能金額が提示されたとき、満額でという方はかなり少ないと思います。

ですので、殆どの場合収入証明書が必要な段階まで到達しないのです。

なお、収入証明書とはどのような書類かというと源泉徴収票や給与明細となります。

その他、確定申告書なども可能です。確定申告書の場合は個人事業主の方がメインになりますので、サラリーマンやOLの方の場合は源泉徴収票が良いでしょう。

源泉徴収票の場合は申込者と同一の名前が記載されていること、給与支払い先の会社名が記載されていること、その他、所得金額などがきちんと正確に記載されていることがポイントです。

普通の会社なら会社から正式なものが発行されますのでそれをちゃんと保管しておきましょう。

給与明細書の場合は直近の3ヶ月分くらい必要となる消費者金融や銀行がありますので会社から発行されるものを保管しておきましょう。

一部上場企業のようなところになると社員が使える給与情報の明細データをイントラネット経由でPC閲覧となるところも多いでしょうから印刷しておくことをおすすめします。

いざ借りたいというときにこれを印刷するのは大変ですからね。

ちなみに、他の収入証明書として納税に関わる書類で税額通知書や県や市へ支払う課税金額の証明書でもOKな金融業者もあります。

ご自身で手元に用意しやすい書類を事前に準備しておくとすぐに借りたいというときに便利です。

関連記事

  1. 朝早く、夜遅く、土日祝日でも最速でお金を借りる方法とは?

  2. 年収(社会的信用度)で決まる借りられる金額(総量規制)の関係って?

  3. カードローンの返済、毎月の返済額はどう考えたら良い?

  4. クレジットカードでキャッシング

    クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリット

  5. 銀行カードローンからお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  6. 地方銀行のカードローンで借りても良い?地銀で借りるメリット・デメリット