クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリット

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードでのキャッシング方法と金利など抑えておきたいポイントを解説します

クレジットカードでお金を借りたことがありますか?

信販会社などにクレジットカードを申し込むときに「キャッシング枠」の額や利用するとして記入したのを覚えていますでしょうか。

通常、クレジットカードはショッピングとキャッシングが行えるものになっています。

大抵の場合、どんなクレジットカード、VISAやMaster、JCBなど何でもキャッシング枠というものが用意されています。

クレジットカードでキャッシングする手順

前提としてクレジットカードを持つ時点で、キャッシング枠にいくらか枠を設定しますが、その額がキャッシングしたい額よりも大きいことが条件となります。

例えば、10万円のキャッシング枠を申し込んでいた場合、10万円まではクレジットカードのキャッシングによって借り入れすることが可能です。

キャッシング枠が元々設定していなかった場合は、キャッシング枠の設定をクレジットカード会社に依頼しないといけません。

では実際にクレジットカードでキャッシングするとなると、たいていの場合、ATMでクレジットカードを挿入すればお金を借りることが可能です。

コンビニATMではほとんどクレジットカードのキャッシングに対応していますのでコンビニATMにクレジットカードを入れてみてください。

一番のメリットはすぐに借りられること

クレジットカードを持っていてキャッシング枠を設定している人であればすぐに借り入れができます。

もちろん、キャッシング枠が残っていることが条件です。

上記したようにATMでクレジットカードを入れて借りたい金額を入力すれば終了です。

すぐに借りることが可能です。

この点についてはクレジットカードでの借り入れの大きなメリットといえると思います。

また、海外でも外貨で借り入れができるので便利です。

私はカジノでどうしてもお金が必要なときにクレジットカードをカジノにあるATMに入れて100ドル借りました。海外では現金がいざ必要というときにすごく便利だなと思いました。

クレジットカードでお金を借りるときの注意点

クレジットカードによる借り入れでも利息が発生します

クレジットカードでキャッシングするときは返済について注意しておかなければなりません。

また、金利も発生することは頭に入れておく必要があります。

金利は消費者金融などと同様に18%前後となりますので数万円借りて何ヶ月か後に返済するような場合は金利がそこそこ発生しますので注意が必要です。

なお、通常であればショッピングによるクレジットカード利用と同様にして当月の25日前後が締め日で翌月支払といった形となりますので1ヶ月後に返済することになり、日割り計算の利息が発生します。ショッピングで使うクレジットカードのように翌月払えばただで借り入れられるわけではありません。

なお、返済をすぐにしたい場合はクレジットカード会社に連絡してすぐ支払するように申しこめば利息は少なくなるので良いですが、少々面倒な手続きが必要なのが難点です。

ショッピングでリボ払いを勧めてくるように甘い誘いに乗らないようにすぐに返済するのが一番です。

ショッピング枠とキャッシング枠は連動している

一般的にクレジットカードの月の利用額は30万円程度になっている方が多いと思います。

これはショッピング枠とキャッシング枠の合計額なので、ショッピングでクレジットカードを多額に使用した場合にキャッシング枠は少なくなります。

ショッピングで限度額に達したような場合はその月はキャッシングができないということは頭に入れておかないといけません。

人によってはキャッシングすらできないという点はデメリットと言えるかもしれません。

クレジットカードのキャッシングと消費者金融と銀行カードローンの違いって?

クレジットカードを持っていて、キャッシング枠を設定しているのであればすぐに借り入れができるので便利です。

ただし、キャッシング枠はショッピング利用に連動しますので思った通りに借り入れができるわけではありません。

また、そもそもキャッシング枠を設定していないと借り入れができませんのですぐに借りたいという方でキャッシング枠がなれけば相当時間がかかることは覚悟しておかなければいけません。

金利については消費者金融等と同等なので金利面のメリットはそれほど無いと考えて良いでしょう。

クレジットカードでキャッシングができるならクレジットカードに申し込もうという方もおられると思いますが、審査に時間がかかりますし、審査をすんなり通過できるかといったことについても年収や勤務先、勤続年数などあらゆる点で審査されますので消費者金融や銀行などと同様の審査が行われると思ったほうが良いでしょう。

関連記事

  1. カードローンの返済、毎月の返済額はどう考えたら良い?

  2. 年収(社会的信用度)で決まる借りられる金額(総量規制)の関係って?

  3. お金を借りると支払う利息(利子)はいくらになる?毎月の返済額の例3つ紹介

  4. 利息を少なく、できるだけお金をかけずに借りるには?無利息について

  5. 消費者金融からお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  6. キャッシング・カードローンで借りたお金は何に使っても良い?