借り先企業の特徴(メリットデメリット)と審査時間、手続きの流れ

お金を貸してくれる企業の特徴や違いってある?

お金を貸してくれる企業はいくつかの種類があってそれぞれ特徴が異なります。

借り先として通常候補にあがってくるのは消費者金融や銀行のカードローンですね。

他にもクレジットカードのローンなどもありますが、すぐに借りられる点や利用しやすい借り先企業としてたいていは消費者金融や銀行カードローンでしょう。

それぞれの種類ごとに特徴が違うのでいくら借りたいのか、今スグ借りたいのか、そもそも審査に通るのか、様々な条件があると思いますので、よくあがられる条件にあわせて各キャッシング会社の特徴を確認していただければと思います。

キャッシングの貸金業者で審査時間に違いはある?

お金を借りる上で融資先に申し込みをするわけですが、まず第一に審査があります。

審査は年収がポイントと書きましたが実際には年収だけでなくこれまでの借入実績や現在の借入残高、年齢、勤務実績など様々なポイントで審査があります。

他には信用情報機関などでブラックリストに載っていないか、債務整理をして年月が浅いかなど細かいところまで審査が行われます。

消費者金融でも銀行でも審査内容自体はそれほど違いはありませんが、審査時間が短い傾向にあるのは消費者金融です。

これはシステム面に投資していることもあり審査時間を短くする工夫を社内で行っているという点や審査項目が少し銀行カードローンとは異なっている点があげられます。

会社の組織自体、貸してナンボの世界なのでその辺りのビジネスのリスクに対する考え方なども銀行とは異なるからだと考えられます。

銀行の場合は法人への多額の融資で事業が成り立っているので事業をどこに注力しているのかによってもスピード感のある対応ができるかどうかが消費者金融や銀行とで変わってくるようです。

これは利用者のとってはメリット・デメリットあるので注意が必要です。後程その点に触れていますので確認してみてください。

申し込み、手続きの流れに違いはある?

申し込み方法はインターネットが普及した現在、スマートフォンからウェブサイトを通じて申し込むのが一般的となっています。

一昔前みたいに無人契約機に行って申し込むというのはあまり行われていません。

ウェブサイトで申し込み手続きを行って必要な書類、運転免許証などの個人情報が分かるものなどはスマホで写真を撮って送るといった形となり、非常に利用者にとっては利用しやすい環境になりつつあります。

細かい手続きという意味では必要な書類に違いがあったりはしますが、申し込みをして審査に必要な情報を送付、審査に基づいて金融業者が審査決定しローン専用カードを発行して利用者に送付、それを使ってコンビニATMや銀行ATMで借りるという流れになります。

まとめ 注意しておきたい借り先に応じたメリット・デメリット

消費者金融と銀行がよく比較される金融業者ですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

細かい点は別のページに記載していますが、基本的なポイントとしては

  • 借りやすさ、審査通過率
  • 審査時間
  • 金利
  • 利便性

があげられます。

大きなポイントとしては上にも述べたように消費者金融は一般消費者向けの貸付がメイン事業、銀行は法人向けの貸付がメイン事業となっています。

ですので、消費者金融の場合は借りやすさ、つまり、審査の通過率についてはアコムで50%程度と銀行に比べると通過率が高いので借りやすい状況にあると考えて良いでしょう。

金利面においては銀行はしっかり審査に時間をかけて審査項目もじっくり審査するので時間がかかります。

その上で貸付を行うのでリスクはある程度排除できると想定したことになるので金利は消費者金融より低い傾向にあります。

利便性と書きましたが、使いやすさという意味では消費者金融のほうが利用しやすいでしょう。

特に指定の口座は必要ないので本当に初めての方にはやさしいキャッシングと言えると思います。

銀行はATMなど便利なところもありますが指定の口座が必要だったりするので少々面倒なところがあります。

一旦借入をしてしまえば後は楽ですが最初が面倒なケースが多いです。

以下に各金融業者で特徴を記載しておきますので借り先でどこを選べば良いか確認しておくと良いでしょう。

関連記事

  1. キャッシング・カードローンで借りたお金は何に使っても良い?

  2. お金を借りられるまでの時間と融資額で選ぶ借り入れ先

  3. お金を借りられる年齢制限とは?

    キャッシングで借りられる年齢制限って?

  4. カードローンの返済、毎月の返済額はどう考えたら良い?

  5. 銀行カードローンからお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  6. ヤミ金からお金を借りる

    お金を借りるとき闇金などのトラブルを回避するには?