会社や家族にバレないでお金を借りるには?

会社や家族にお金を借りたことがバレてしまうケースとは?

消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りる際、会社や家族にバレてしまうことがあります。

それはお金を借りる前にバレてしまうケースと、お金を借りたあと返済を行っている最中でバレてしまうケースです。

お金を借りる前にバレてしまうケースは職場!

お金を借りようとしている段階でバレるようケースは、職場に電話がかかってくる‘在籍確認’です。

OLを経験したことがあれば、1度は思い当たる記憶があるのではないでしょうか?

職場の電話は新人が出るケースが多く、キャッシングの知識がない場合(なんだったのかな?)で済みますが、勘がするどかったり、出向中などでかかってくること自体に疑問を感じると怪しまれてしまいます。

これがきっかけで借金をしようとしていることが会社の同僚や上司・部下に知られてしまいます。

お金を借りた後にバレてしまうケースは家族!

また家族にバレてしまうこともあります。

それはキャッシングの契約後に送付されるキャッシング専用カードや返済に関する明細書類。

本人不在のときに開封され、妻が隠れてカードローンを利用していることが明るみになることは少なくありません。

以上のように借りる前と借りた後にバレる可能性があるのでその2つのケースをうまくカバーする必要があります。

どうしたらバレない?会社、家族への対策!

会社や家族に内緒でお金を借りるにはどうしたら良いか。

会社にかかってくる在籍確認電話

金融業者から会社に電話がかかる在籍確認ですが、プロミスやモビットは会社への在籍確認は行わず、書面で済ませることができます。

具体的に必要となる証明は、健康保険証や給与明細書。

会社名が記載された書類を提出することで、電話による在籍確認を回避することができます。

その他の金融業者では、銀行名や消費者金融名は名乗らず、個人名でかけて確認をとります。

絶対にバレるということはありませんが、件数が重なってくると目立ってしまうので注意が必要です。

自宅へ送付されるカードとキャッシング利用明細

家族にバレないようにするためには契約時、「カード」と「利用明細」を郵送しない指定を行います。

1.キャッシングカード

具体的にはキャッシング申込時に、カード必要可否の項目で「カードなし」選択。

インターネットでキャッシング契約から明細確認全てが完結します。

ただし、全ての消費者金融や銀行で行えず、特にカードなしの「カードレス」ができるのはプロミスとモビットだけです。

そのほかの金融業者、銀行への対策としては、無人契約機や店頭に本人が直接カードを受け取る方法があります。

カードレスにおいては、借り入れがコンビニATMなどで出来ず、無人契約機などのような専用場所でなければ行えないデメリットがあります。

利便性を考慮したうえで検討しましょう。

2.キャッシング利用明細

キャッシングの利用明細対策には、契約時に「Web完結」とする手続きが有効です。

借入状況の参照を紙面としないことで、自宅に書類が届くことを防ぐことができます。

しかしこれには、口座振替で返済するように手続きを行う必要があるので契約前に準備しておく必要があります。

会社・家族にバレないキャッシング契約(まとめ)

最適でスマートな方法は、以下の流れです。

1.Webで申し込みを完了させる
※在籍証明となる資料(給与明細や保険証のコピー)を郵送する

2.無人契約機or店舗で契約の締結+カード受取
※返済は口座振替、明細はWeb閲覧を指定

上記の流れとすれば、カードを受取に無人契約機まで行く必要がありますが、会社の在籍確認は①と②の間で行われ、会社への電話確認はされません。

2の手続き後は自宅にカードや明細が送られてくるようなことはなく、家族にバレてしまうこともなくなります。

これらの流れを実現できるのはプロミスとモビットだけなので、こっそり借りたい場合にはこの2つのうち、どちらかを選ぶことになります。

ちなみに銀行ではこっそり借りるということが考慮されておらず、今後の課題といえます。会社への在籍確認は必須です。

関連記事

  1. キャッシングとは?カードローンとは違う意味?

    キャッシングとは?はじめての方にも分かりやすく簡潔に解説します

  2. 会社にバレない!在籍確認で電話をかけてこないようにするには?

  3. カードローンの返済、毎月の返済額はどう考えたら良い?

  4. 地方銀行のカードローンで借りても良い?地銀で借りるメリット・デメリット

  5. 朝早く、夜遅く、土日祝日でも最速でお金を借りる方法とは?

  6. クレジットカードでキャッシング

    クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリット