お金を借りるとき闇金などのトラブルを回避するには?

ヤミ金からお金を借りる

お金を借りるのは怖いこと?

返金額を多めに請求されそうで怖い、聞いた契約と違う、明らかに人相が悪いひとが激しい取り立てにやってくる…というイメージを借金に対して抱いているケースは少なくありません。

よく耳にするのはバブル期。今よりも法律の整備が甘かったこともあり、堂々と暴利な金利で貸し付けるような会社も存在していました。

最近では「今すぐお金が欲しい方はこちら」とか「保証人無しでもOK!」など書かれた、電柱の貼紙広告。簡単に借りられるような文言に、連絡先は個人の携帯電話といった内容が正当性を疑わせます。

上記のように冷静に観察すると、おかしいとすぐに察知できるケースは、ヤミ金融業者である可能性が高まります。

闇金(ヤミ金)とは

ヤミ金融業者とは、貸金業者なのに国が指定する登録を行っていない会社。利息制限法など、法律に順守した運営はしていません。

ヤミ金は、一般的な方法で借りられないようなケースに利用されています。

例えば多重債務で苦しんでいるケース。商品をクレジットカードで買わせ、その商品を売却したお金を貸し付けるなど、非常識な方法でお金をつくらせます。

明らかな高金利であったり、利息制限法の20%を超えるような金利で契約させるケースもあります。

またヤミ金からお金を借りことで、上記のような多重債務に落ちるケースもあります。

ヤミ金への返済を期限までに行うため、借金を重ねる。結果、多重債務となり首が回らなくなってしまうのです。

利息を払うのが精一杯で元金がまったく減らず、返済できていないような場合に。雪だるま式に増える月々の返済額…返金できないタイミングはすぐにやってきます。

このようなヤミ金業者から、お金は絶対に借りてはいけません。

特に甘い文句で安心をさせ、口説いてくることが多いので注意が必要です。トラブルを回避するためには、自分自身の知識を身に付けておく必要があります。

お金を借りるときのトラブルを回避するには?

ヤミ金業者かどうかを確認する方法の1つに、貸金業として登録しているか否かがあります。一例をあげると以下のような内容。

○○財務局長(x)第○○○○○号 (x)は更新回数
○○県知事 (x)第○○○○○号 (x)は更新回数

貸金業登録は3年に1度に更新する必要があるため、更新回数も合わせてチェックすることが大切です。

しかし創業から計算するのは難儀なため、より確実に調べたいときには、日本貸金業協会(公式サイトはこちら)へ問い合わせする方法があります。

通話料はかかりますが、相談自体は無料。

登録業者の有無や契約内容の相談、万が一ヤミ金融業者から借りてしまったケースにおいても助言をうけることが可能です。

勝手に実在する社名や組織を使って勧誘することもあるので注意

中には以下のような、日本貸金業協会に似た団体名、もしくはそのまま実在する団体・組織を使用している悪徳業者もあるので注意が必要です。

日本消費者金融連絡会
日本債権回収協会
全国貸金業団体
日本賃金業協会 など

貸金業者として正式に登録されて営業している会社であれば、法律に準拠しており安心です。

ただし、本当にそれがヤミ金や詐欺組織でないかは必ず確認が必要です。

借金が怖いと感じるかたは、ヤミ金に借りない知識を身につけましょう。

一度はまり込むと抜け出せないのがヤミ金なのです。

適切な会社でキャッシングすることは年々増えてきており、快適に生活を送るうえで欠かせない存在といえます。

関連記事

  1. 銀行カードローンからお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  2. お金を借りると支払う利息(利子)はいくらになる?毎月の返済額の例3つ紹介

  3. キャッシングとは?カードローンとは違う意味?

    キャッシングとは?はじめての方にも分かりやすく簡潔に解説します

  4. クレジットカードでキャッシング

    クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリット

  5. 会社にバレない!在籍確認で電話をかけてこないようにするには?

  6. お金を借りられるまでの時間と融資額で選ぶ借り入れ先