利息を少なく、できるだけお金をかけずに借りるには?無利息について

お金をかけずに借りるには?

お金を借りるには基本的に上限金利18%や下限金利5%といったの金利がかかってきます。

どんなに優良とみなされる顧客になっていても金利はかかります。

例えば1万円借りると利息をつけて1万円以上を返さなくてはなりません。

しかし、無利息で借りることも可能です。

無利息とは言葉の通り、利息無しでお金が借りられる制度をいいます。

つまり1万円借りた場合、単純に1万円のみを返金すればOKということ。

一時的に借りただけ、という結果になります。

借りる側としても責任を感じることなく、ストレスフリーで気軽に借りられるというわけです。

無利息サービスは1ヶ月以内に返せるなら積極的に利用しよう

無利息にするには、ちょっとした手続きで可能になります。

一例として、プロミスの場合、「30日間無利息サービス」を行っており、このキャンペーンを受けるためには契約時にメールアドレスを登録し、Webで明細を閲覧するように、登録画面で本項目を選択することで30日間無利息でお金が借りられます(※当該キャンペーンの内容は変更になる恐れがあるのでご理解ねがいます)。

契約開始後、30日間の金利はなく0円、31日目から利息が発生することになります。

借りて30日以内に全額返済するような場合は無利息で借りたほうがお得でしょう。

例えばどうしても手元にお金がなく、近日中に3万円が必要、給料日まで待てない、しかし給料日にすぐ3万円を返せる、といったケースにおいては無利息でお金を借りるところを利用するのがマストです。

また、高額な金額を借りるケースにおいても有効です。

例えば20万円を借りて、1年後に完済するような状況。

開始から30日間は利息がつかないことになるので、利息の絶対額を減らす最適な手段になるいうわけです。

なおこのサービスは、ほぼ全ての消費者金融が行っています。

中でもプロミスとアコム、レイクALSAなどが定期的に無利息キャンペーンを展開している状況です。

関連記事

  1. 会社にバレない!在籍確認で電話をかけてこないようにするには?

  2. 年収(社会的信用度)で決まる借りられる金額(総量規制)の関係って?

  3. 消費者金融からお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  4. お金を借りられる年齢制限とは?

    キャッシングで借りられる年齢制限って?

  5. お金を借りる前に知っておくべきこと まとめ

  6. お金を借りられるまでの時間と融資額で選ぶ借り入れ先