お金を借りられるまでの時間と融資額で選ぶ借り入れ先

いつまでに、どれくらいのお金を借りる?

お金が必要になるまでの時間と、金額で変わる借り入れ先

今日、出席予定の飲み会のお金が足りなそう、明日の結婚式に必要なご祝儀がない…これらのように給料日を待たずして今日・明日にお金が必要になるケースは出てくるものです。

このようなケースには、すぐ気軽に借りられるキャッシングがおすすめです

すぐに少額(約1万~10万未満)が必要!というケース

特に多いのが、‘明日に1万円が必要!!’という緊急性が高いケース

こんなときには即日融資に対応している消費者金融がおすすめです。

消費者金融とは具体的に、アコムやプロミス、モビットなどの個人を対象としている金融業者のこと。

これらの企業の後ろ盾は(お金を支援しているのは)銀行です。それも三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行と、有名な大手です。

一昔前の悪質な取り立てのイメージは払しょくされており、安心して利用することができますね!

消費者金融は、はじめて借りるケースでも当日とすぐに、お金を手にできることが一般的

コンビニに設置してあるATMや、自動契約機(アコムのむじんくんなど街中に設置されているマシン)から受け取ることができます。

全国に数は少ないものの対面で確認しながら契約ができる、有人の専用窓口でも即日キャッシングは可能です。

一般的な所要時間は30分~1時間程度銀行(カードローン)と比べ審査時間は短くはやく済み、問われる審査内容も軽いので、借りられるか不安なかたも心配することなく、お金を借りることができます。
少額(1万円~10万円)が今すぐ必要!という場合、消費者金融が最適です。

1週間後あたりにまとまった額(約10万~)が必要!というケース

そして銀行(カードローン)は、金利が低いので余計がお金がかからないというメリットがあります。

しかし即日融資においては、一定の条件が問われます。

審査項目も多く、消費者金融に比べると時間がかかってしまうのがデメリットです。

そのため1、2週間後に10万円程度が必要といった「ちょっと先にまとまった現金が必要」という方なら(約10日程度と時間的猶予があり、必要なお金が10万を超えるケース)銀行カードローンがおすすめです。

ただし念を押しますが、消費者金融と比べ審査は厳し目ですので、その点は手間がかかってしまうことを認識しておきましょう。

銀行カードローンの場合は、メインバンクの銀行(預金残高が1番多い銀行)にカードローンで借り入れができないか聞いてみるのがスマートです。新規で口座を開設する手間を省くことができます。

まとめ

少額(約10万以下)で今日、明日にでもお金を借りたいという方なら消費者金融、まとまった額(約10万以上)で10日程度必要となるのが先というケースなら銀行カードローン。

確実に借りられる可能性を高めたいという方なら、消費者金融ということになります。

いつまでにどれくらいの現金が必要となるのか、シーンに合わせて借り先を選ぶとより効率的にお金を借りることができます。

関連記事

  1. 女性向けカードローン

    レディースローンとは?【女性向けキャッシングの特徴】

  2. 24時間いつでもキャッシング可能、振り込み可能な銀行口座とは?

  3. 朝早く、夜遅く、土日祝日でも最速でお金を借りる方法とは?

  4. 会社や家族にバレないでお金を借りるには?

  5. 銀行カードローンからお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  6. お金を借りると支払う利息(利子)はいくらになる?毎月の返済額の例3つ紹介