りそな銀行カードローンの借り入れから返済までの全手順

りそな銀行カードローン

メガバンクの一つであり埼玉県を中心に展開する地方銀行、埼玉りそな銀行の職員の方にカードローンについて伺いました。

りそな銀行のカードローンの口コミはどうか?評判なども聞いてきました。

りそな銀行カードローンでお金を借りても大丈夫?

りそな銀行カードローンは安全?本当にお金を借りても大丈夫でしょうか?返済はどうやるの?

お金を借りる前に気になるポイントや返済まで事前にしっかり把握しておきたいですね。

以下よりりそな銀行カードローンについてわかりやすく解説いていきます。

りそな銀行カードローンの特徴

大きな特徴は下記になります。

  • 借入金額毎に9種類のいずれかの金利が設定されるので、分かりやすい金利設定
  • クイックカードローンなら最短2時間で審査結果を回答
  • プレミアムカードローンなら下限金利3.5%、上限金利でも12.475%だから低金利
  • りそなグループの銀行口座を持っていて住宅ローン利用中、または、給与振込で利用されているなら店頭表示金利より0.5%金利が下がる
  • 普通預金口座に当座貸越契約を付加するので、預金が不足した場合は自動的に不足額を融資可能
  • 最低返済額は毎月1万円から

上記の他にも個別のカードローンの種類に応じて特典があったり、他社・他行よりお得な内容があるのでご確認ください。

3つの銀行グループからなるカードローン

りそな銀行カードローンはりそなグループの下記3つの銀行からなります。

  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 近畿大阪銀行

これらの銀行いずれで申し込んでも同じカードローンの内容になります。

りそな銀行カードローンの種類

りそなグループの個人消費向けカードローンは全5種類あります。

  • プレミアムカードローン
  • クイックカードローン
  • プレミアムフリーローン
  • プライベートローンJ
  • マイカーローン

それぞれ解説します。

りそなグループ プレミアムカードローン

継続収入のある方が対象です。パートやアルバイトの方でも年収をクリアすれば申込可能です。専業主婦や学生の方は不可となります。

下記の金利実質年率は融資枠をどこまで設定するかで金利が決まります。

審査によって必ずしも希望の融資枠を受けられるとは限りませんのでご注意ください。

本ローンを利用するには口座開設が必要です。住宅ローンやインターネットバンキングのマイゲートを利用サれている方は店頭表示金利より▲0.5%の特典が受けられます。

実質年率 年3.5%~12.475%(変動金利)
800万円型・・・年3.5%
700万円型・・・年4.0%
600万円型・・・年4.5%
500万円型・・・年4.9%
400万円型・・・年5.5%
300万円型・・・年7.0%
200万円型・・・年9.0%
150万円型・・・年11.5%
100万円型・・・年11.5%
5万円型・・・年12.475%
借入限度額 800万円
標準審査時間 数日
融資スピード 当座貸越契約付加で残高不足時に自動融資可能
ATM等で手持ちのキャッシュカードで借入可能
在籍確認 電話
保証人 不要
毎月の返済額 1万円~

りそなグループ クイックカードローン

継続収入のある方が対象です。パートやアルバイトの方でも年収をクリアすれば申込可能です。専業主婦や学生の方は不可となります。年収や勤続年数による制限はありません。

りそな銀行の他のカードローンと大きく異なる点は限度額が小さいですが、審査回答が最短2時間という点です。早く借りたいという方におすすめのカードローンです。

本ローンを利用するには口座開設が必要です。キャッシュカードにカードローン機能を付与する形となりますので、りそな銀行の口座がある方はスピーディに借りられます。また、Webで申込が完結しますので土日祝日もWebで申込可能です。

実質年率 年9.0%~12.475%(変動金利)
借入限度額 200万円
標準審査時間 最短2時間で回答
融資スピード 当座貸越契約付加で残高不足時に自動融資可能
ATM等で手持ちのキャッシュカードで借入可能
在籍確認 電話
保証人 不要
毎月の返済額 1万円~

りそなグループ プレミアムフリーローン

昨年の税込年収が400万円以上で安定した継続収入がある方が融資対象です。パートやアルバイトの方でも年収をクリアすれば申込可能です。専業主婦や学生の方は不可となります。

下記の金利実質年率は固定金利のフリーローン部分で、カードローンも設定可能です。その場合は変動金利となります。

本ローンを利用するには口座開設が必要です。住宅ローンやインターネットバンキングのマイゲートを利用サれている方は店頭表示金利より▲0.5%の特典が受けられます。

実質年率 年6.0% 固定金利(フリーローンのみの場合)
年5.7% 固定金利(カードローンセット型の場合)
借入限度額 100万円~500万円
標準審査時間 数日
融資スピード 銀行所定の窓口にて手続き
在籍確認 電話
保証人 不要
毎月の返済額 1万円~

りそなグループ プライベートローンJ

継続収入がある方が融資対象です。年収不問。パートやアルバイトの方でも年収をクリアすれば申込可能です。専業主婦や学生の方は不可となります。

下記の金利実質年率は固定金利のプライベートローン部分で、カードローンも設定可能です。その場合は変動金利となります。

プレミアムフリーローンとサービス形態は同一ですが、異なるポイントは保証会社が株式会社ジェーシービーである点です。プレミアムフリーローンはオリックス・クレジット株式会社が保証会社となりますので審査基準が若干異なります。

本ローンを利用するには口座開設が必要です。

実質年率 年6.5%、年9.5%、年12.0%、年14.0%のいずれか 固定金利(フリーローンのみの場合)
年6.2%、年9.2%、年11.7%、年13.7%のいずれか 固定金利(カードローンセット型の場合)
借入限度額 10万円~300万円
※1万円単位
標準審査時間 数日
融資スピード 銀行所定の窓口にて手続き
在籍確認 電話
保証人 不要
毎月の返済額 1万円~

りそなグループ マイカーローン

継続収入がある方が融資対象です。年収不問。パートやアルバイトの方でも年収をクリアすれば申込可能です。専業主婦や学生の方は不可となります。

マイカーローンのため使い道、使途が自動車購入資金、他社自動車ローンの借換えに限られます。原付以外のバイクなど購入資金としても利用可能です。

マイカーローンにカードローンセット型としてカードローン機能を付与することもできるので利便性が高いローン商品となっています。

本ローンを利用するには口座開設が必要です。金利特典として同一口座で住宅ローンを利用されている方、インターネットバンキングのWEBコミュニケーションサービス「マイゲート」を利用されている方は最大で▲1.5%の優遇が受けられます。

実質年率 年3.975% 変動金利(マイカーローンのみの場合)
年2.975% 変動金利(カードローンセット型の場合)
借入限度額 10万円~500万円
※1万円単位
標準審査時間 数日
融資スピード 数日
在籍確認 電話
保証人 不要
毎月の返済額 要確認

りそな銀行カードローンの申込について

WEB完結ということで来店不要で申込が可能です。

申込の条件について

5種類のローン商品がありますが、いずれも安定した継続収入がある方が対象です。

パート・アルバイトの方でも利用可能ですが、専業主婦や学生の方は利用不可となります。

また、他社でカードローンを利用されており、残高が残っている方は解約する必要があります。(条件次第です)

必要な提出書類

ローン商品次第ですが主力商品のプレミアムカードローンなら300万円まで収入証明書が不要です。

ただし、銀行員にインタビューしたところ、多くの場合はそれでも収入証明書を求めているそうなので一概にいらないというわけでもないようです。

必要書類は運転免許証や健康保険証(会社発行のもの)、収入証明書が必要な場合は源泉徴収票や給与明細書などになります。

申込の流れ

PCやスマホなどからりそな銀行カードローンのウェブサイトにアクセスし、24時間365日受付しているWeb申込から手続きを開始します。

申込時の入力項目に「Web手続」を指定すれば土日祝日でもメールでの回答をもらうことができスムーズです。
※「Web契約」をご希望の場合でも諸条件により、郵送でのお手続きが必要となる場合があります

必要事項に記入し、申込が済んだらメール等で審査回答をもらいます。審査は最短で即日もらえます。

審査に問題無ければ必要書類(運転免許証等)をWeb上で提出するなど、契約に進みます。

来店、郵送での手続きも可能です。

Web契約なら書類等確認状況次第で数日以内に融資実行が可能となっています。

りそな銀行カードローンの借入方法について

りそな銀行(または埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)の銀行口座が必要です。

口座に入金する方法について

当座貸越契約となっていますので、振込という形においては口座の残高不足となった場合にオートチャージという形で自動的に融資が行われます。

ATM等で現金を引き出す

基本的には銀行口座のキャッシュカードを使って借入をすることになりますので最寄りの銀行ATMやコンビニATMから現金を引き出すことが可能です。

りそな銀行カードローンの返済方法、毎月の返済額について

返済方法や毎月の返済額について解説します。

返済方法について

毎月定額での返済を自動引落によって行われるのが一般的です。口座引落の場合は毎月5日が返済日となります。

また、インターネットバンキングの「マイゲート」やコンビニATM、銀行ATMで返済をすることも可能となっています。

毎月の返済額について

当座貸越契約のため基準貸越残高に応じて毎月の返済額が決まります。最低返済額は1万円となっています。

 

関連記事

  1. 千葉銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について

  2. 地方銀行のカードローンで借りても良い?地銀で借りるメリット・デメリット

  3. 銀行カードローンからお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  4. 横浜銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について

  5. 地方銀行カードローンおすすめ4選

  6. 北海道銀行カードローン ラピッドのメリット・デメリットと審査について