常陽銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について

常陽銀行カードローンの特徴とは?

常陽銀行、通称じょうぎんのカードローンが「常陽銀行カードローン キャッシュピット」です。

大きな特徴は以下の3点があげられます。

  • 全国で利用可能(茨城県以外でも申込可能です)
  • 最短60分審査回答、最短即日融資も可能
  • 最低返済額2,000円、借り入れは1,000円から可能

同じ関東の大きな地方銀行としては横浜銀行や千葉銀行がありますが、関東地方の地方銀行としては常陽銀行も資産残高や貸付残高でみると上位の銀行となっています。

常陽銀行の銀行口座がなくてカードローンの申込みが可能で口座作成も不要なので、全国の方でも口座を作らなくてもカードローンの利用が可能となっています。

あまり聞きなれない銀行名ではありますが、カードローンの魅力としてはほかの上位の地方銀行と比べてもそん色ないスペックとなっています。

なお、常陽銀行の銀行口座がある方だけが即日融資も可能ということなので一定の条件があることは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

常陽銀行は茨城県の地方銀行なので茨城県に居住、勤務されている方だけでなく隣接の県でも銀行口座を作ることができます。

具体的には栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、そして東京都にも支店がありますのでカードローンのを頻繁に利用される方は口座を作っておいたほうが後々便利に利用できます。

自動引き落としなどは口座がないとできませんので返済や借り入れの方法については注意しておいてください。

また、常陽銀行の銀行口座を持っていない場合は即日融資には対応しておらず、ローンカードの発行・郵送、届くまで2,3日かかるようなので注意してください。

口座を持っていないけど今日借りたいという方は秘説全的に消費者金融になってしまうと思います。

他の特徴としては専業主婦・専業主夫の方も限度額に制限はありますが融資対応しているので主婦の方も安心して借りられます。

ある意味で一番特徴的なのは借り入れが1,000円からできるという点です。

限度額は500万円までとなっていますが、多くの方は少額融資です。

ほんとうにあと1,000円、2,000円だけ借りたいという方は常陽銀行がおすすめです。それくらいの金額なら利息もほとんどかかりませんし、すぐ返すような方法で何度か借りることもできます。

返済についても最低返済額が2,000円とかなり低く設定されています。

もちろん、借り入れ金額によりますがそれでも消費者金融や銀行全体でみても低い水準です。

借入額が100万円を超える場合は最低返済額が3,000円となります。

常陽銀行カードローンのメリット・デメリット

常陽銀行カードローンでお金を借りるメリット

常陽銀行カードローンでお金を借りるデメリット

常陽銀行カードローンの審査は?

 

常陽銀行カードローンと他社の比較

利便性の違いは?

無利息サービスは?

常陽銀行カードローンの利用方法

常陽銀行の普通預金口座を既に開設している場合

常陽銀行の普通預金口座を開設していない場合

申込み方法と手順について

提出書類

常陽銀行カードローンの返済について

返済早見表

返済方法

自動支払(口座振替)による返済

ATMの利用

振り込みによる返済

常陽銀行カードローンの増額方法について

常陽銀行カードローンの口コミ・評判は?

常陽銀行カードローンの口コミや評判はどうなのか、当サイト「カードローンサーチ」編集部のコメントをお伝えしていきます。

常陽銀行カードローンの利用をおすすめできる人

常陽銀行カードローンに向いていない方

 

常陽銀行カードローンの融資条件について

利用対象者 年齢20歳以上69歳以下
使用用途 自由
実質年率 7.8%~14.8%
利用限度額 500万円
※1,000円から借り入れ可能
収入証明書 300万円以下の借り入れであれば不要
保証人 不要
審査時間 最短30分
即日振込 口座を持っていれば即日融資も可能
在籍確認 有り
最低返済額 2,000円~
※借入残高により決定
返済方法 自動引き落とし
インターネットバンキングでの振込
ATMでの返済
利用可能ATM 常陽銀行ATM
提携金融機関ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net提携のATM(ファミリーマート等)

常陽銀行の支店一覧

関連記事

  1. 地方銀行のカードローンで借りても良い?地銀で借りるメリット・デメリット

  2. 千葉銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について

  3. 静岡銀行カードローン セレカのメリット・デメリットと審査について

  4. 北海道銀行カードローン ラピッドのメリット・デメリットと審査について

  5. 銀行カードローンからお金を借りる前に確認すること【メリット・デメリット】

  6. 横浜銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について