お金を借りる前に

一昔前にはお金を借りるなんて住宅ローンや自動車のマイカーローン、子供の進学など教育ローンなどで借りるくらいで、消費者金融などからお金を借りること自体、世間一般の認知度は低いものでした。

しかし、21世紀に入ってからはアイフルの子犬を使ったCMや有名芸能人の方を多く起用した広告宣伝でイメージが刷新されてきたことから消費者金融でも”借りやすいイメージ”、”借りる抵抗が薄れた”という声が広がっています。さらにそれに追随して銀行もカードローンの商品を多く出してきており、銀行の安心感も相まってお金を引き出す感覚で借り入れをするようになってきています。

ただし、お金を借りるということは借金をすること、イメージは良くなっていても実際にはある程度の知識を身に付けておいたほうが何らかの失敗も防げますので当サイト『カードローンサーチ』でお金のことを学んでいってください!

『カードローンサーチ』について

当サイト「カードローンサーチ(cardloan-search.net)」は消費者金融や銀行のカードローンの店舗やATMを目的に応じて検索できるだけでなく、お金を借りる前にワークショップ形式で勉強する、カードローン・キャッシングの総合情報検索サイトです。近年、お金を借りることは誰でも気軽にできるようになりました。消費者金融などの莫大な広告費用の投入で借りやすいイメージが若者を中心に広がっています。

当サイトの管理人のわたしは女ですが、お金を借りた経験があります。私自身、お金を借りることに抵抗がありましたが、実際にお金を借りて返済までしてみて、意外にも女性にやさしい世界になりつつあるんだなと感じましたので、そのような経験を踏まえてキャッシングの賢い方法、女性でも手軽にお金を借りられる、きちんと返せば全く怖くないことをお伝えしたいと思い当サイトを立ち上げました。

当サイト管理人の私は金利30%弱の高金利、消費者金融が昔サラ金と呼ばれた時代を生きていますでとにかく借金は甘く考え過ぎると痛い目を見るというのがよく分かっているつもりです。

近年、キャッシングやカードローンの利便性はかなり高まりました。”むじんくん”などでお金を借りる時代からスマホ1台でさらっと1万円、2万円と借りられるようになっていますので手軽さがゆえの危険性を危惧しています。

とはいえ、利便性が高まったことで返済もやりやすくなりましたし、返済のシミュレーションも多くの金融機関で出来るようになりましたので返済は結構後押ししてくれている印象です。

現金が明日必要、今スグ3万円必要、友人の結婚式だけどどうしても手持ちの現金がない、そんなときにちょっと借りてスグ返すということが手軽にできるようになりましたので、キャッシングが全て悪いものとは思っていません。

当サイトでは「正しい知識を得て、賢く借りて賢く返す」そんな方法を伝授していきたいと考えています。お金を借りるならどこでも良いというわけではありません。CMが流れているから安心、大手だから大丈夫ということもありません。

お金を借りる背景や目的に応じてキャッシングすべき会社を選ぶ時代になりました。インターネット上にはお金をお得に借りる方法などカードローンに関わる様々な情報が氾濫しています。このサイトは信頼できると思って頂いて、その結果参考になったと感じて頂けると嬉しいです。

どこで借りるのか、いくら借りるのか、いつお金が欲しいのかで適切な借り先は異なります

お金を借りたい方にとってお金が必要な状況は様々です。

ひとりひとりの状況にあわせて最適な選択肢というものが存在します。

お金を借りるといっても簡単なことではありませんし、お金を借りたからにはお金を返さなければなりません。

安易に借りようとせず、借りた後のことも考えておくことが大切です。

お金を借りるとき何を優先とするのか考えておくのが大切

まずは、どこで借りるのか、消費者金融なのか、銀行なのかそれともクレジットカードを当てにするのかなど、どのようなところからお金を借りるのかだけでも考えることがたくさんあります。

その他にも、あなた自身が既に借りた経験があるとか、すでに借り入れがあって返済途中であったり、融資額がある程度膨らんでしまっているとか、そのあたりの点も考慮する必要があります。

例えば、初めてお金を借りるという方ならCMや電車広告でよく目にする有名どころの消費者金融でもいいですし、銀行でもカードローンを利用して借り入れが簡単にできることでしょう。

もちろん、安定した収入がある方や20歳以上の方といった前提条件はありますが、一番借りやすい人は初めて借りるという方です。

消費者金融や銀行カードローンなどを利用したことがある方は返済がきちんと進んでいれば現在お使いのカードローンでも良いですし、返済が終わっているような方なら新規開拓して別のカードローンでも借り入れできると思います。

ただ借りるだけならどこでも可能と言えば可能ですが、返済が一番ラクになる借り方や、借り入れした金額、すぐに現金が欲しいという方にとってはどこでも良いというわけではありません。

他にも現金は少額で良いという方やすぐに明日にでも現金が欲しいという方でもおすすめできる金融業者は異なります。

他のサイトや広告が良く出ている会社があなた自身にとって一番良いというわけではありませんのでその点は注意したほうが良いでしょう。

当サイトではこのような方はここの金融業者が良いですよ、といった形でおすすめの会社を紹介していますので参考にしていただければと思います。

そもそもキャッシングとは?

現在、「キャッシング」の言葉の意味に様々な捉え方がありますが、基本的には少額なお金を借りることをキャッシングと呼んでいることが多いです。

「キャッシュ」は現金という意味なので現金を借りるということで実際にATM等で現金を直接手にするようなイメージと考えていただいて良いでしょう。

少額の借入と言いましたが、感覚的にはだいたい1万円、3万円、5万円といった金額規模ですね。

消費者金融などで借りる多くの方もそれくらいの10万円以下の少額の借金をしています。

気軽にお金を借りることができるというのもキャッシングとしてのニュアンスもあります。

なお、同じように捉えられる言葉として「カードローン」がありますが、カードローンはローンを行うために必要なカードを保持して、それを使って借入をすることなので少額の現金を借りるキャッシングとは違ってもっと広い意味でお金を借りる行為と考えて良いと思います。

最近では多くの銀行が個人向け金融商品としてカードローンを販売していますのでどちらかと言えば銀行で用途不問のお金を借りる行為と考えて良いと思います。

キャッシングとカードローンで若干捉え方は異なっていますが、お金を借りるという行為においては同じことを指すのが一般なので銀行や消費者金融のウェブサイトをみても混乱しないようにしてください。

当サイトは少額のお金を借りる点において注視すべきポイントや目的にあわせたカードローンの紹介、銀行カードローンのおすすめポイントなどを解説しています。

新着記事

カードローン、消費者金融、マネーコラムなど最新記事の一覧です。

  1. 静岡銀行カードローン セレカのメリット・デメリットと審査について

    • 銀行カードローン
    • 中部
  2. 北海道銀行カードローン ラピッドのメリット・デメリットと審査について

    • 銀行カードローン
    • 北海道・東北
  3. 常陽銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について

    • 銀行カードローン
    • 関東
  4. 横浜銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について

    • 銀行カードローン
  5. 千葉銀行カードローンのメリット・デメリットと審査について

    • 銀行カードローン
  6. 地方銀行カードローンおすすめ4選

    • 銀行カードローン
  7. キャッシング・カードローンで借りたお金は何に使っても良い?

    • マネーコラム
  8. お金を借りるときに準備しておく必要書類は?

    • マネーコラム
  9. カードローンの返済、毎月の返済額はどう考えたら良い?

    • マネーコラム
  10. お金を借りる前に知っておくべきこと まとめ

    • マネーコラム
  11. 女性向けカードローン

    レディースローンとは?【女性向けキャッシングの特徴】

    • マネーコラム
    • 女性向けローン
  12. 地方銀行のカードローンで借りても良い?地銀で借りるメリット・デメリット

    • 銀行カードローン

はじめてでも怖くない!女性でも気軽にお金を借りられる世の中になってきています!

必要なときに必要な分だけ借りれば本当に便利です!
「お金を借りるって怖い」
「借りた後の取り立てで怖い人が来る?」
「借金で破産といったニュースがあるから不安」
「女性で借りるって変?」
「周りの人に借金してるって知られたら恥ずかしい」

お金を借りようかなと思った時、上記のようなことを思ったことはないでしょうか。

当サイトの運営者の私も女ですが、私自身もやっぱりお金を借りるってことそのものが不安に感じることが多かったです。

お金を借りてしまって本当に大丈夫かな?生活に悪い影響はないかな?といったいろんな不安が出てきました。

借金って悪なの?

ちゃんと調べていくうちにそんなに悪いことじゃない、借りたいときに借りられる環境が今はあって、昔のような悪いイメージは無くなってきていると感じました。

よくある借金地獄の漫画やニュース、そのような一昔前の「借金は悪!」といったイメージがついていたときと比べて破綻に追い込む要因の高い金利や闇金などは今は非常に少なくなってきているということを知りました。

今は女性にもオープンな雰囲気があります。

消費者金融、カードローンといった言葉だけ見ると「ん~・・・?」と尻すぼみしてしまいそうですが、借金は怖くありません!と断言できます。

私の借り入れ、返済パターン

借金は破綻さえしなければ全く問題ないと思っています。

なぜならきちんとした信頼できる金融会社から必要なお金だけ、つまり少額だけ借りてすぐ返すといったやり方でお金を借りる・お金を返すということをしていえれば破綻なんてするはずがありません。

ちゃんとルールを守ってまさに”ご利用は計画的に”を守ればとても便利なツールだなって思いました。

私の勝手な理想パターンとしてはだいたい給料日前に少し必要なお金、だいたい3万円だけ借りて、給料日後に一括返済または半分だけ返すってことをやって残りはまた次に給料日に返すっことをしていれば利息は数百円程度なので実質ほとんどただでお金を借りているようなものなので銀行から現金を引き出す手数料分だけ利息として払ったという感覚になっています。

そんな形で返済していれば破綻するはずがないので、そんなルールを守ってお金を借りたり・返したりを続けています。

ちゃんと自分の中でルールを守れば安心してキャッシングというのもを使うことができます。

安月給のOLでも明日欲しいってときに借りられます!

私自身、本職は普通の会社員でOL、お金を借りた経験を踏まえ、趣味で当サイトのようなカードローン検索サイトを運営している私なわけですがそんなにお給料をもらっているわけではありませんので、たまにお金が必要なときが出てきます。

友達の結婚式や引っ越し、帰省するときに交通費で必要だったりそんなに頻繁に必要ってわけではありませんが、1年で4回くらいキャッシングしてお金を借りています。

主にプロミスやアコムの消費者金融で借りていますが、急に必要ってこともあるので便利だなって思いますね。

私のパターンはお金が必要ってわかっているのに気づいたらちょっと使い過ぎてて、貯金はあるんですが、これは残しておきたいっていうときもあるので、あえて借りておくこともやっています。

正直、上でも書きましたがコンビニでお金を引き出す手数料分くらいの利息ですぐ返済してしまうがお決まりのパターンなのであえて少額、3万円くらいを借りるってこともやっています。

必要なときにすぐ借りられるっていうのが本当に便利だなって思いますし、女性でも男性でも違いがあるわけではありませんので女性でも簡単に借りられるんだなって思います。

給料とかそんなに関係ないですし、派遣社員や正社員でなくても定期的に収入があれば借りられます。

しかも明日欲しいっていうときにも消費者金融なら借りられるので本当にありがたいなって思います(厳密には当日融資してもらえる方法もあるようですので当サイトでじっくり解説してますので後で読んでみてくださいね)。

お金を借りる上で気をつけたいことって?

なんといっても借り過ぎないこと!と私は言いたいですね。

私は借りる上で方針、決め事を作っていると言いましたが、一番大きなポイントはお金を借りる額は少額に抑えるということです。

基本的には給料から返済するわけなので現実的に十万を超えるような額は借りちゃだめってわかりますよね。

銀行からお金を引き出すときはいつも3万円ずつと決めています。借りるときも3万円ずつと決めています。

そして、返すときもその月の給料日後、または、次の月に一括全額返済かその月に半額返済と決めています。だいたいこの方法でやれば借金で破綻することはないです。

借金って友達や親、同僚にバレちゃうの?

借金することが怖いって思っておられる方、借金は良くないこと、友達や親、同僚にバレたら嫌だなって思いますよね。

私も借金することで破綻するかもってことだけでなく、周囲の人に知られるかも?っていうのが不安でした。

親はともかくやっぱり同僚や友達にバレちゃうのってなんか嫌気分になりますよね。

「あの子借金漬けなのよ~」とか陰口されると悲しくなっちゃいますし、意外と外から見られるイメージも気にしちゃいましたね。

私は借りようかなって思った時にやっぱりいろいろ調べました。

そしたら、一番最初に借りずぞ~ってタイミングで自分で入力した会社に本当に在籍しているかっていうことで確認が入るってことだけでした。

在籍確認は電話が勤めている会社にされるそうなのですが、ある程度うまくやるらしいので会社の同僚や上司にバレるってことはありませんでした。

ちなみに、プロミスなら会社に在籍確認とかしないようにもできるので本当にバレるリスクを最小限にして申し込みをするならそういった会社から借りるっていうのもいいかもしれませんね。

あと、自宅にも書類とかが届くみたいなんですが、私は一人暮らしだったので気にしていませんが、家族と一緒に住んでいる方なら気になるかもしれませんね。

ただ、一応、アコムとかプロミスとか○○銀行カードローンって形で郵便物が届くわけではないので封を開けられなければ知られることはないようです。

以上のような在籍確認や郵便物の問題だけクリアすれば後はカードを使ってコンビニや銀行のATMでお金を借りられるのでその後はバレる要素はないでしょう。

借り入れ実績みたいな明細が毎月届くこともありますが、この辺もインターネットが普及した時代ですのでウェブサイトで閲覧するだけにしておけば届かないようにもできるのでバレる要素は少ないと思います。

そもそも私でもお金が借りられるのかな?審査は厳しいんじゃないの?

話が前後しちゃいますが、お金を借りるときのバレるバレないの問題の前にそもそも私でも借りられるのかなっていう不安もありました。

一応会社員だったので大丈夫かなっていうのはありますが、転職したばかりですし、そんなに給料も高いわけではありません。

よく聞く話では住宅ローンだと勤続年数が必要だったり、借り入れ可能額も年収がベースになってたりするので少額でも借りたいって思ってたとしてもその少額すら借りられないんじゃないかな?っていう不安もありました。

銀行や消費者金融で融資の申し込みをするわけですが、どこの会社でも借り入れが可能か審査があります。

個々の銀行や消費者金融の会社毎にも審査基準は異なるようですが、いろいろ調べた結果、私のような女性で給料も安くて勤続年数も転職したばかりで短いような場合は消費者金融でしたら希望額借りられるというのが分かりました。

当時はできれば銀行のカードローンのように金利が低いほうがいいんだろうなって思っていたのですが、借り入れと返済のパターンを上記で示したように少額借りてすぐ返すようなことなら消費者金融も銀行も金利の差はほとんど出ない、数十円というのが分かって即日融資にも対応して審査が比較的ゆるいとされる消費者金融のほうで借りることにしました。

審査が厳しくないとは言いませんが、例えばアコムなんかはIR情報を公式サイトで公にしていますが、審査通過率というのがあります。

2016年2月時点で49%の審査通過率だったので、「おっ、意外とみんな審査通過しているじゃない!」って思ったのでこれなら私もイケるでしょう!ってことで申し込みました。

借り入れをした後、いろいろ自分でも調べてみたら、じゃあ審査で落ちてる人ってどんな人なのかな?って思ったらすでにいくらか借りてい人っていうのが大半ということが分かって、最初に借りるんだったらほぼほぼ審査に通るのかなって思います。

消費者金融は銀行と比べて簡易審査とか借りる前のチェック機能がウェブサイトを通じて行えるので自分でも借りられそうかはすぐに確かめることができます。

返済って簡単にできる?

契約については2000年頃は”むじんくん”のような無人契約機に行かないといけなかったみたいなので(私は無人契約機とか見たことがない世代です)本当に便利な世の中になったんだなって思いました。

そういう意味でも若い人でも借りている人が増えているようですし、返済する方法もネットで返済したいりコンビニで返済したりできるので便利です。

私の場合ですが、基本的には給料が振り込まれる口座から返済するようにしているので現金を手にして返済するようなことはしていません。

正直、手間はかけたくないですからね。借りるときは見た目はコンビニATMで現金を引き出すような感覚で借りていることが多いですが、返済は口座から直接支払っています。

私はパソコンは持っていますが、返済や借り入れするときにパソコンは使わず、スマホだけでできるような状態になっています。スマホさえあれば返済もすぐに出来てしまうので便利です。

私がおすすめするキャッシングはコレ!キャッシング申し込みが多い順ランキング

私自身いろいろ調べた結果、女性がキャッシングしてお金を借りるとなったときに女性にやさしく対応してくれたり、あらゆるシーンで一番良いなと個人的に感じた金融会社と当サイトで集計した申し込み数を踏まえて下記ランキングを掲載しています。

ランキング上位は申込数の多い順としていますが、考察すると今スグ借りたいというニーズに応えられる消費者金融系がランクインしています。

ポイントは審査に通るかどうかという点、実際に現金を自分の手で握るまでの時間が短いというのも選ばれるポイントとなっています。下記、参考にしてみてください。

アコム


アコムアコム
  • 融資スピードが早い人気の消費者金融カードローン
  • アコム利用が初めての方は30日間無利息で借りられる
  • 自動契約機や利用可能なATMは全国多数あるので便利
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 最大500万円
標準審査時間 30分
無利息サービス 30日間
保証人 不要
パート・アルバイト 融資可能

アコムの一番の特徴は平日14時までに申し込みを完了させれば即日キャッシングに対応してくれる点です。
土日でもアコムの自動契約機「むじんくん」を利用すればその場でカード発行できますので、カードが発行され次第、コンビニATMなどで現金を借りることが可能です。
アコムの路面店、店舗、むじんくんの多さもメリットですね。
振り込みでの対応は楽天銀行の口座があれば24時間すぐに振り込んでもらえますので申し込み、審査だけ日中帯に済ませておけば土日や深夜でも。すぐに口座に振り込んでもらえます。

レイクALSA


レイクALSAレイクLASA
  • Web申し込みで最短60分の融資スピードが人気(※1)
  • 無利息サービスは最大180日間(※2)
  • 全国にある多数の自動契約機やATMで借り入れも返済も便利

※1:21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。
※2:Web申し込み、はじめての利用、契約額1万円~200万円までのとき借り入れ額5万円までが無利息適用。通常でも60日間無利息

実質年率 4.5%~18.0%
利用限度額 最大500万円
標準審査時間 15秒
無利息サービス 最大180日間(※2)
保証人 不要
パート・アルバイト 融資可能

カードローンの種類

カードローンサーチではキャッシングとカードローンという言葉が出てきていますが、一般的にキャッシングは少額の融資のことを指して、カードローンは金融業者からもらうカードを使った個人のローンのことを言っています。

細かく違いを知っておく必要はありませんが、カードローンサーチではキャッシングもカードローンも同義語のような意味合いで使っています。

どちらもお金を借りる行為ということですね。

さて、カードローンにはいくつか種類があります。それはアコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融と三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などの銀行系カードローンです。

自分はどちらを選べば良いのか、意外にも違いがあるので目的にあわせて選べば良いでしょう。

消費者金融のカードローン

 消費者金融でキャッシングを行う際、比較のポイントとしては審査の厳しさと金利の違いです。

一般的に銀行は審査が厳しいけど金利は低いです。

一方で消費者金融は審査は銀行より厳しくないと言われていますが、金利は高いという点が特徴です。

他にも限度額や即日融資が受けられるようなカードローンも消費者金融のほうが多い結果となっています。

カードローンサーチとしては借り方次第では消費者金融のほうが動きやすいとか利便性を考えるとそちらのほうが良いケースも多いので当サイトでは消費者金融を中心におすすめしています。

銀行系カードローン

元々は消費者金融の会社のほうが個人へお金を貸していました。

銀行はどちらかというと個人から預貯金を集めて、それを企業に貸し付けていたわけです。

カードローンサーチ管理人の私が生まれた頃、バブルの時代には銀行系カードローンはほとんどありませんでした。

今では地方銀行からメガバンクまでほとんどの銀行がカードローンという商品を販売しています。銀行のあり方も変わってきているというのが実態でしょうね。

どちらを選ぶ?消費者金融と銀行のカードローン

さて結局、消費者金融と銀行カードローンのどちらが良いのかということですが、それぞれ一長一短あります。

それぞれ消費者金融と銀行系カードローンとの違いやメリット・デメリットを下記の図で示しましたのでご確認ください。

消費者金融のメリット

消費者金融の一番大きなメリットといえば借りやすい傾向にある点と現金を手にするまでの時間が短い傾向にある、つまり審査時間が短いということです。

比較対象としては銀行のカードローンがありますが、銀行のカードローンでは一般的に審査時間が長いので実際に現金を手にするまで時間がかかります。

例えば2週間かかるというカードローンもあるので消費者金融と比べると差が大きいです。

すぐに借りたいという方や審査に時間をかけず借りやすいところから借りたいという方は消費者金融がベストでしょう。

消費者金融のデメリット

消費者金融にもデメリットがあります。

審査が銀行系や信販系と異なって時間が短いという点で特徴がありますが、金利が高いケースが多いです。

また、総量規制という年収次第で借りられる額が決まってくるので融資のスピード以外の点で銀行カードローンなどに劣る点があります。

銀行カードローンのメリット

消費者金融と比べて銀行カードローンは審査をきっちりしますので審査時間がかかる分、貸せる人に貸すためリスクをしっかり見ます。

その上で金利は低いことも多いので長期間で返済するケースなどにおいてはメリットが大きいです。

また、カードローンでお金を借りる銀行の口座を持っていればお金を借りるまでの手続きなどが非常に楽なので意外と銀行のカードローンも悪くはありません。

もちろん、ATMや銀行の専用窓口、専用契約機も街中に多くありますので利便性も十分高いです。

他にも融資限度額が高額だったりしますので自営業や個人事業主の方にとってはありがたいカードローンでもあります。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのデメリットは消費者金融と対比して審査時間が長いことでしょう。

即日融資といった今日中にお金を借りたいという場合においては銀行のカードローンは向かないでしょう。

オリックス銀行カードローンなどでは審査時間が2週間とも言われていますのですぐに借りるのは難しいです。

消費者金融と銀行のカードローンどちらを選ぶべきか?

以上のように消費者金融と銀行カードローンでは対比するような関係でそれぞれにメリット・デメリットがあります。

大きなポイントとしては消費者金融は即日融資に対応している金融業者多いので今日中に数万円だけ借りたいといったケースにおすすめです。

銀行のカードローンは消費者金融と比べて金利が低いことが多いので長期間で返済することが既に決まっているなら銀行のカードローンのほうが良いでしょう。

利息が少ない分返済が楽になります。

また、借りたい金額でも銀行のカードローンのほうが高額で借りられるケースが多いですし、総量規制の制限には当たりませんので金額面の自由度は高いです。

ただし、審査はしっかり行われますので希望する金額を借りられるとは限りません。

今スグ借りたい、今日現金が欲しいときは?

今日中に現金が欲しい、最短での振り込みをお願いしたい場合、第一にどこで借りるかという問題があります。

金融業者としては消費者金融や銀行カードローン、信販系のクレジットカードがありますが、即日融資を望むなら消費者金融がおすすめです。

即日キャッシングで消費者金融をおすすめする理由としては審査結果が出るまでに銀行カードローンなどと比べて早いことがあげられます。

銀行の場合は即日融資に対応しているところもありますが、一般的に早くても審査で2,3日かかります。

クレジットカードの場合はキャッシング枠がなければ申請しなければいけません。

ですので、消費者金融で借りるのが一番良いということになります。

消費者金融のアコム、プロミス、アイフル、モビットなどの大手企業は審査で最短30分というのを打ち出しています。

その後融資が降りるまで最速で1時間で現金を手にすることが可能です。

今日中に借りる方法

今スグ借りたい場合は少しだけコツがあります。

平日の場合、例えば消費者金融の大手プロミスなら14時でにWeb契約などで申し込みをしておく必要があります。それ以降になると自動契約機などにカード発行、受け取りにいかなければなりません。

14時までに申し込みを済ませれば30分で審査の結果が出て、その後1時間で融資してもらうことが可能になります。そのためにも必要書類はしっかり準備しておく必要があります。例えば、本人確認の免許証等はWeb上で送れるように携帯カメラなどで撮影しておく、限度額目いっぱいに借りたいという方の場合は収入証明書が必要になりますので源泉徴収票など手元に用意しておく必要があります。

平日14時までに申し込みができなかった場合や土日祝日の即日融資の方法

プロミスの場合でお伝えすると、申し込み後の本審査さえ22時までに完了していれば振り込みまたはカードの自動発行機でカード受け取れば現金を手にすることができます。

当日融資の振り込みを行うには、プロミスの場合で三井住友銀行の口座かジャパンネット銀行の口座を持っていれば瞬フリというサービスで即日に振込みを行ってくれます。これは便利なので是非口座を持っておくようにしましょう。

指定の口座がない場合は、自動契約機に赴いてカード発行する必要があります。

こちらも22時までの本審査で通過していれば自動契約機ですぐにカード発行、最寄りのATMなどで現金を借り入れすることが可能です。

自動契約機は近くにあればいいですが、遠いという場合でも三井住友銀行のローン契約機でも良いです。

ただし、利用できる時間帯が決まっているので予め利用可能時間(営業時間)は調べて行ったほうが良いでしょう。

今回はプロミスでの事例を紹介しましたが、アコムなども同様の方法で即日融資を行うことが可能です。

審査ってどこを見ている?

実際にお金を借りるとなるとそもそも審査に通るのかという点が不安ですよね。

どうしても年収が低かったり、すでに他社や他行で借り入れが合った場合などは審査に影響することになります。

そもそも、審査はどこを見ているのでしょうか?

消費者金融や銀行が審査するときのポイントはココ!

前提として消費者金融と銀行とで審査している基準が異なります。

当サイト管理人は銀行との付き合いが多いので2つの銀行にカードローンについて聞いてみました。

まず銀行のカードローンについてお話すると、銀行のカードローンの審査はその銀行の支店では一切審査を行っていません。

受付だけ行う業務しか行っていません。

ですので、窓口のお姉さんや後ろで働く銀行員の方に訪ねても何も教えてくれません。そもそも、答えられないのです。

また、正直、銀行員はカードローンのことを詳しく知りません。

審査なんて何をやっているか全く知らないといっても良いでしょう。審査項目は少し把握しているかもしれませんが、確かな情報ではないでしょう。

銀行の場合は個人型ローン契約の審査を専門に行うグループ会社や他の提携企業に依頼しています。

そこに審査業務を集中させています。その結果を申込者に郵送等で送っているだけです。

一方で消費者金融の場合は独自に審査基準を持っているので、銀行と審査結果は異なります。

審査のポイントとしては現在借り入れがあるかどうか、過去の返済実績に問題がないか、勤続年数や年齢はどうか、借り入れ金額次第で年収も見ます。

特に大きな要素としては現在借り入れがあるかどうか、過去の借り入れ・返済状況はどうだったかなどです。今まで借りたことがない方のほうが借りやすいかもしれません。

なお、Webサイト上で審査シミュレーションもあるのでそもそも借りられそうかどうかは簡易審査で確かめておくと良いと思います。

審査時間が短いキャッシング、カードローンって?

 審査を行う上で気になるところとしては審査時間ですね。

審査時間は消費者金融と銀行とで大きく異なります。

ちなみに信販会社のクレジットカードの場合は審査というよりキャッシング枠が設定されているかどうかがポイントなのでここでは割愛します。(ちなみに、キャッシング枠設定には1週間程度かかります)

一般的に即日融資に対応している消費者金融や一部の銀行カードローンは審査時間も短いという特徴があります。

消費者金融の大手企業で最短30分です。

銀行のカードローンでも最速で即日融資に対応しているので当日審査結果をもらえる銀行もありますが通常は2,3日程度かかります。

消費者金融は自社で独自に審査をシステムで行っているので早く、銀行の場合は他社に丸投げしているので遅いとも言えるでしょう。

なお、審査が早く出ても現金を手にするまでにはその後のシステム上の問題で最短でも1時間はかかるのでそれを見越しておいたほうが良いでしょう。

審査の通過率に違いはある?

上記に審査のポイントは借り入れの実績や今の状況、と書きましたが審査の通過率は貸金業者や銀行によって異なります。

あくまで通過率の話となれば借りたい方の属性にもよるので一概にこの銀行、消費者金融が良いとは言えませんが、IR情報で審査通過率が出ています。

これを参考にすれば審査通過率が良い企業に申しこめば審査に通る可能性が高まるといっても良いかもしれません。

審査通過率が高い金融業者、貸金業者はアコムやプロミスです。

審査に通りやすい点でみれば消費者金融が優位に立っています。

こららは投資家向けの企業のIR情報に掲載されています。

例えばアコムなら2016年1月~3月の審査通過率は49%程度でした。

申し込みした人の半分は審査に通っているということになります。

今やものすごい数の方が消費者金融や銀行から借り入れをしているので借入実績の有り無しでだいぶ審査結果は異なるようで、中には審査に落ちてしまう方もおられます。

審査に通りやすくするにはやはり今借り入れがあればそれを返済し終わることでしょう。

企業としては貸し倒れは防ぎたいですし、政府から多額融資による破綻を防ぐように金融業者にも通告されています。

全員が健全に、Win-Winになるにはリスクの高い人は貸さないということですし、借りる側としても利息ばかり膨らむことになるのでまずは完済することが重要です。

審査に必要な書類を再確認!

 審査には書類の提出が求められます。審査に必ず必要な書類は本人確認書類です。

運転免許証か健康保険証が必要です。外国籍の方はパスポートや特別永住者証明書のコピーを求められます。

どのように提出するかですが、Web契約のみで済ませる場合はスキャンするかカメラで撮影し、電子化したファイルを提出することが可能です。

こちらは利用したい金融業者に確認する必要がありますが、多くの会社で簡易化する流れですので借りる側にとっては便利な世の中になったなって感じます。

他、消費者金融の場合は50万円以上借りる場合に収入証明書が必要となります。

銀行のカードローンにおいても200万円とか300万円借りるときには収入証明書が必要となります。

大抵の場合ほとんど必要無いと思いますので気にしなくても良いと思います。

ちなみに、収入証明書とは何?ってことですが、基本的には借り先が決めた書類になりますが、通常は源泉徴収票や給与明細などになります。

仕事場、家族に知られないで借りる方法はある?

 キャッシングをするときにどうしても気になるところといえば、キャッシングしたこと、借金があることが他の人、特に仕事場での同僚や一緒に住む家族に知られてしまうのではないかということです。

家族はともかく、仕事を一緒にする同僚や上司、後輩に知られるのはとても恥ずかしいと感じるのは当然のことだと思います。

キャッシングを行うとき、自分自身の個人情報を提出することになります。

上記で必要な書類ということで少し触れていますが、自分がどういう職場に務めてて、勤務先、正社員なのか派遣なのかなど細かい情報を求めてくる金融機関もあります。

そこで、お金を借りたい人が本当に定期的な収入があって申込時に記入した企業に勤めているのかというのは必ず確認が入ります。

ポイントは在籍確認と郵便物

借金がバレてしまう可能性については2点あります。

  • 在籍確認時に職場にバレる
  • 郵便物で家族にバレる

この2点がキャッシングを行った事実が他の人に知られてしまう可能性としてあります。

在籍確認は基本的に金融業者から職場に電話が入ります。

そこで「プロミスですけど・・」「アコムですけど・・」と名乗ることは避けてくれますので100%バレるというわけではありませんが、個人名を名乗って「○○さんいますか?」と電話を掛けてくることがあるので、普通の会社で電話をよく受ける方ならおや?って思うかもしれません。

通常、会社に電話をかけてくる人は企業の方が多いですから、所属や会社名を名乗ります。

それを名乗らずに電話をかけてくるというのは不動産投資の営業か詐欺か何かに引っかかっているのかな?と電話を受ける人次第では怪しむことはあると思います。

ある程度、配慮してくれますが怪しまれる可能性は無くはありません。

モビットはその点電話での在籍確認は行わなくても良い方法を取っており、給与明細や健康保険証に記載された企業名などでOKとしています。

本当に気になるなら在籍確認を電話で行わない貸付業者から借りるという選択肢もありますね。

また、家族に郵便物を買ってに開けられて借金をしていることがバレてしまうケースですが、これは勝手に開けないでということを伝えておくなどしたほうが良いでしょう。

封筒が届きますが、中を開けるまでどこから届いたかは分からないようになっているのがほとんどです。

封筒に記載された企業名で検索されるともしかしたらバレるかもしれませんので注意が必要です。

毎月の返済額と金利の関係は?

 キャッシングでお金を借りるのはいいけど、どれくらい利息を払う必要があるのか、毎月どれくらい返済しなければならないのか、生活資金で借り入れをされる方なら借りる前にどのくらい返済していくのかなどは把握しておくべきです。

毎月の返済額は毎月の給料、収入次第で変わってきますのである程度シミュレーションはしておいたほうが良いでしょう。

借金をするということは利息を付けて返すというのが金銭の貸し借りで通常決まっているルールです。

利息制限法でいくらまで金利をつけていいかということが決まっていますので個人間などでなければ通常この法律に則って利息をつけて返済するということが認められています。

とはいえ、借りる側にとっては利息は余分に支払う費用になるのでできるだけ少ないほうが良いに決まっています。

月々の返済金額を小さくするには?

利息が少ないのと毎月の返済額が少ないのでは意味が異なりますが、収入の状況次第では毎月の返済額が小さいほうが良いという方もいるでしょう。

月々返済する額を小さくするには、返済期間を長くとることで返済額を小さくできます。

ただし、返済総額で見ると一括で返済するより多くなるので注意が必要です。

小さい額をさらに小さい返済額で返済していくというのはそれほど利息がつきませんので良いかもしれません。

それでも可能なら一括返済ですぐに返してしまうことをおすすめします。

金利が高ければなかなか元金が減らないので毎月利息ばかり払っているという状況になりかねません。

破綻する人はたいてい元金が減っておらず雪だるま式に借金が増えるパターンです。

そうならないためにも返済はきちんと早めに返すことをおすすめします。

次に、返済額と金利の関係について見ていきましょう。

金利の差でどれほどの利息に違いが出るのか

実質年率と記載される部分が金利になります。上限と下限がありますが、大抵の場合上限金利からのスタートとなる場合が多いので上限金利の場合で解説します。

前提条件は下記です。

 借入金額 10万円
借入期間 1年
金利 17.8% ※プロミスの場合
毎月の返済額 9,158円
総返済額 109,894円
金利 14.8% ※銀行カードローン一例
毎月の返済額 9,016円
総返済額 108,192円

上記をご覧になると分かりますが、金利差は3%で見ました。

これが10万円を1年で返済するシミュレーションです。

金利差の3%は思ったより小さいと思いませんか?実は1年返済をする場合は金利はそれほどかかりません。

1万円弱を利子として追加で返済するイメージです。

これをご覧いただく分かるように、金利の差で低金利を求めるのではなく、返済期間を短くさえすればすぐに覆る規模なのでいかに自分がしっかり計画性をもって返済できるかにかかってきます。

すぐに返せば日単位の金利になるので早く返せ返すほど利息はとられません。

無利息って本当に利息無しで”ただ(無料)”で借りられる?

 お金を借りて返済をするにあたって1日でも経てば金利が発生しています。

借入額が大きいほど利息は大きくなり、返済期間も長ければ長いほど利息が膨れ上がります。

どうしても長期間で返済する場合は、利息を少しでも減らすことでお得に借りられます。

また、少しとはいっても無利息の期間があれば利息はつきませんのでうまく返済すればタダで借りたことにもなります。

賢い借り方は無利息サービスのある金融業者から無利息で借りて、無利息期間内に全額返済すれば本当に利息無しで借りられるということになります。

無利息で借りられる金融業者は人気どころではプロミスとアコムです。

どちらも30日間無利息サービスを提供しています。

無利息が利用できる条件はあるので確認してみると良いでしょう。

ここが変だよ日本のキャッシング

お金を借りたいなって思ってからどうしてもお得に借りられないか、調べていくうちにこのサイトが出来上がったわけですが、日本のキャッシングっておかしくない!?って思うところが出てきました。

一番変だなって思うところは金利ですね。

ヨーロッパなどでは消費者金融といった個人向けにお金を貸し付ける機関というのが存在しません。

個人融資専門というのがありません。お金を借りるところは銀行なんだそうです。

銀行からキャッシングするということですが、キャッシングといった私達の感覚ではなく、住宅ローンなどでお金を借りるという感覚なので、そもそもあんまり利用しないようではあります。

現に、ヨーロッパなどでは自己破産などはほとんどありません。ですので、債務整理などもほとんどないんだそうです。

それによって日本のように生活苦で自殺されたりというのがありません。

ちなみに、銀行からお金を借りるのが普通らしいのですが、金利も日本みたいに10%を超えるようなことはありません。

せいぜい数%、5%とかはいかないようです。

どうやら日本だけのようですね、このくらいの金利で貸し出して、それを何も考えずに借りている国民って。昔からそうなっているので何もおかしいって思わないのかもしれません。

とはいえ、日本のキャッシングは発展しているので、借りやすさや返しやすさ、手軽に利用できるということについてはすごいと思います。

それはそれで便利ですから、役立っているといえばそうですよね。

キャッシングで破綻!?債務整理のお世話になる人って?

お金を借りる、キャッシングをするというのは借金をするということなので、お金は借りたら返さなくてはなりません。

そして、返せない状態になると取り立て、督促などがきて、ひどい場合には破綻まで追い込まれることになります。

当サイトをご覧の皆さんは当サイト運営者の私と同じようなやり方で借りたり返したりをしていれば破綻することはないと思いますが、最悪のケースをこんなことになる、そうならないようにどうやって返すか、借りるときにも今一度しっかり考えるべきだと私は思います。

生活苦で借りすぎてしまって返せなくなってしまうと、自分だけでは解決できなくなってしまいますので債務整理を弁護士や司法書士にお願いすることになります。

借金の問題解決で今ある債務を整理するということです。

借金の問題を解決するといってもそこでもお金を弁護士や司法書士に支払うことになるので、本当に無駄にお金をつかう事になります。

キャッシングは便利なのでハマっている方もおられると思いますが、やっぱり債務整理をするまで借り過ぎないことは重要です。

例えると、FXで失敗する人が多い、自分の中でルールを決めていないとズルズル追い込まれていくことになります。

借りたら翌月必ず返す!といったルールを決めてやれば少ない利息でお得に借りられますし負担もほとんどありません。

そのルールさえしっかり守るというのがキャッシングでお金を借りるときの大きなポイントです。CMでもよくあるフレーズ、「ご利用は計画的に」です。もっともだと常々思いました。

そんなお金の借り方も踏まえて、当サイト「カードローンサーチ」では全国のカードローンや消費者金融からの賢いお金の借り方をお伝えしていけたらと思います。